スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破戒

破戒 (岩波文庫)破戒 (岩波文庫)
(2002/10)
島崎 藤村

商品詳細を見る


島崎藤村といえば、浪漫主義と初期自然主義文学を開拓していった明治の文豪。その昔『若菜集』という詩集を読もうとしたけれど、理解できずに断念した苦い記憶がある。詩を諦めた分小説をばと、読んでみた。

あらすじ(Wikipediaより引用)
明治後期、被差別部落に生まれた主人公・瀬川丑松は、その生い立ちと身分を隠して生きよ、と父より戒めを受けて育った。その戒めを頑なに守り成人し、小学校教員となった丑松であったが、同じく被差別部落に生まれた解放運動家、猪子蓮太郎をひた隠しに慕うようになる。丑松は、猪子にならば自らの出生を打ち明けたいと思い、口まで出掛かかることもあるが、その思いは揺れ、日々は過ぎる。やがて学校で丑松が被差別部落出身であるとの噂が流れ、更に猪子が壮絶な死を遂げる。その衝撃の激しさによってか、同僚などの猜疑によってか、丑松は追い詰められ、遂に父の戒めを破りその素性を打ち明けてしまう。そして丑松はアメリカのテキサスへと旅立ってゆく。

あらすじにも書いてある通り、部落問題(穢多・非人)を扱った社会的な色あいのある作品。読み物としての小説でなく、小説としての「小説」――つまりは、思想・主義主張の正当性を裏付けるための虚構――であった。流石に時代を感じさせる硬い言い回しは正直読みづらい。しかし読み進めているうちに、ふと、「硬さ」が気にならなくなる瞬間があって、それからは楽に読むことが出来た。詩人らしい美しい表現が随所に見られて、生きている日本語というものを感じる。
さて、社会的弱者(危なっかしい言葉だが)を取り扱っているこの作品について、いくつか感じたことを記そうと思う。だが自分は、当時の社会的・歴史的背景を充分理解しているとは到底言えないので、現代の一読者としてありのままに思ったことを述べる。識者が見れば噴飯物であろうけれど、「独白」と銘打った意義はそこにある。

まず第一点は、瀬川丑松はイデオローグとして適切だったかということ。
社会に潜む理不尽を告発した小説は多々ある。『破戒』もそうだ。しかし自分は『破戒』を読み終わったあとに、怒りというものをそれほど感じなかった。理不尽に対する正当な怒りはあってしかるべきものであるのに、どうしても湧かなかった。他人事として、この作品を眺めていたかと問われれば、そうでもない。一文一文、丁寧に読んだ心算だ。さて、その理由を考えたときに、丑松の実存的欲求に対する意思の弱さがあるのじゃないだろうか。彼は本当の意味で、戒めに相克していないのではないかと思ったのだ。
ここに本文を一部引用すると、

>もし父がこの世に生きながらえていたら、まあ気でもちがったかのように自分の思想の変わったことを憤り悲しむであろうか、と想像してみた。たといだれがなんと言おうと、今はその戒めを破り捨てる気でいる。<

とある。「これはどうしてか?」という疑問に対する答えとして、前項からまた引用すると、

>告白――それは同じ新平民の先輩にすら躊躇したことで、まして社会の人に自分の素性をさらけだそうなぞとは、今日まで思いもよらなかった思想なのである。急に丑松は新しい勇気をつかんだ。どうせもう今までの自分は死んだものだ。恋も捨てた、名も捨てた――あゝ、多くの青年が寝食を忘れるほどにあこがれている現世の歓楽、それも穢多の身にはなんの用があろう。一新平民――先輩がそれだ――自分もまたそれでたくさんだ。こう考えると同時に、熱い涙は若々しい頬を伝ってとめどもなく流れ落ちる。実にそれは自分で自分を哀れむという心から出た生命の汗であったのである。<

とある。先輩である猪子の死を受けて影響されたとしても、この有様では意味がないのでは。ともすれば、「うっかり口走ろう」としているようにも見受ける。告白して楽になろうという態度は、現実に沿えばもちろん是だ。しかし、社会派の小説としては非だと思う。巨大な理不尽に対して、戦おうとする意思の告白を自分は丑松に期待していた。それこそ現代の感覚だろうか?

第二点は、ラストシーンにおける救済のあり方について。
個人的にはあまり感心する終わり方でなかった。何もかもが上手く立ち回って、丑松の前途が開けている、半ばデウス・エクス・マキナ的な(ここでの機械仕掛けの神は作者自身である)ラストはいかがなものかと。しらけずにはいられなかったというのが正直な感想だし、問題を提起しておいてそれを投げっ放しにするのはちょっと無責任なのではないかとも思った。実際的な問題として、当時の穢多・非人の人達は現実から逃れ得なかったわけで、丑松がテキサスへ旅立つことをもってして締めくくるのは安普請なんじゃないかなあ。

色々と批判的なことを書いた。だが近代文学の黎明期、まだ小説の方法論もろくに確立されていない時期(恐らく)に、こういった小説が出現したことには大きな意味があって、「自由とは平等とはなんぞや」なんてて議論が真面目に取り交わされていた頃の熱量を感じた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F型

Author:F型
直近に読んだ小説の内容を記す

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。